朝日新聞に掲載されました

朝日新聞の4/23付け夕刊にて、日本ランニング協会が掲載されました。

以下、一部抜粋
——
「やめる前に助言できる人が少ないのが原因」。そう考えた元実業団選手の小林渉さんは自らが中心となって日本ランニング協会を立ち上げ、5月からアドバイザー養成に乗り出す。マナーや練習方法、AED(自動体外式除細動器)の使い方など2日間の講習を実施し受講者にはアドバイザーの資格を与える。スポーツの指導については、すでに日本体育協会が認定する資格などがあるが「市民ランナーに特化した指導資格はなかった。安全に楽しく継続して走って欲しい」と小林さん。
——

救え、ジョギング脱落者 シューズ提案・指導者養成…:朝日新聞デジタル
※全文を読むには、朝日新聞デジタルへのログインが必要です。